群馬県でiPhone修理/iPad修理なら地域最安値・修理最短30分・修理保証付きのiPhone修理serviceへ

iPhoneのバッテリー交換はiPhone修理service高崎店まで!

iPhone修理 バッテリー交換 高崎

■iPhone8Plusのバッテリー劣化 事例

修理店舗:iPhone修理service高崎店

皆様んにちわ!iPhone修理service高崎店です😌

徐々に風が強くなる中、いかがお過ごしでしょうか♪

本日は、iPhone8Plusの充電の減りが早いとお悩みの外国人のお客様がご来店下さいました!

強風の中、高崎店にご足労頂きありがとうございます😊!!

iPhone修理service、外国人のお客様にも多数ご利用いただいてます😳

さて、iPhone8plusは2017年9月22日に発売され、発売から約4年経ちました!

前々回のブログの8と同じ発売日ですね👨🏻‍🏫

充電の減りが早い原因としましては、【バッテリーの劣化】【ストレージの容量不足【日頃の使用方法】

などが該当されると思います。

今回のiPhone8plusは発売日から4年も経過していますので、日々使用していますと

必然的にバッテリーの劣化してしまいますよね…😅

ご自身のバッテリーの劣化状態を見るには、

歯車アイコンの【設定】を起動し、下にスクロールしていくと【バッテリー】の項目があるのでタップ。

開いた画面の【バッテリーの状態】をタップすると、今のバッテリーの状態を見ることが出来ます。

iPhoneのバッテリーの状態の見方1
iPhoneのバッテリーの状態の見方2

そして、お客様のバッテリーの状態はと言うと…

iPhone8plus修理前のバッテリーの状態

だいぶ劣化していますね!

劣化して交換が必要な場合はこの画面で確認できますので、X以前のバージョンを

お使いの方、ゲームや動画をよくご利用になる方はチェック必須ですね✍🏻

ではでは修理していきたいと思います🔨

まずは、充電器挿し口の左右にある★型のビスを★型のドライバーで外していきます。

外し終わったら、パネルと本体を接着するパネル固定シール(防水性)をステンレス製のヘラで切りつつ

開封していきます。

パネルを開封後、

【①バッテリー接続コネクタ】と【②パネル接続コネクタ】を

覆う金属のプレートを取り外していきます。

(ビス穴の劣化やプレートの緩みに繋がる為、ビスの取り付けの際は元の穴に取り付けましょう! )

プレートを外し終わったら、①→②の順でコネクタを外します。

①から外すことで、電流による不慮な事故を防ぎます。

これらを外すことで、パネルと本体を分離させることが出来ました。

そしたら古いバッテリーを取り外していくのですが、

バッテリーと本体を接着しているシールが面白いほど切れます(笑)

iPhoneによっては4枚貼られているものもあるので、

剥がすのに少し苦労しますね😑

毎度毎度ですが、appleさん切れにくいシールお願いします…。

そんなこんなでシールを剥がし終わりますと、ポロっとバッテリーが

取れますので新しいバッテリーを置きましょう!

最後にパネルと本体を接続していきます。

コネクタを接続する際に、ケーブルを切ってしまったり

コネクタのピンを損傷させてしまわないように注意して接続します。

また、ここでのコネクタ接続の順番は最初の逆順で接続しましょう。

接続完了後、一度本体の起動点検を行いタッチ不良等が無いことがを確認します。

不良が無ければパネルを本体にはめ込み、★ビスを取り付けて組み立て終了です。

iPhone8plus修理後のバッテリーの状態

もう一度iPhoneの機能に異常がないかを点検し、

異常が無ければお客様にお返しします。


■使用部材・修理時間

使用配件:●iPhone8plus用バッテリー×1

修理時間:●20分(動作点検時間含む)

■お客様の声

「充電の減りがほんと早かったからストレスでしたけど、ほんと良かったよ!まだ使いたいから直してくれて

 ありがとうね!」

との事でした😊

外国の方は結構お話される方がおおく、祖国の事も少しお話して

頂けるのでこちらも充実させていただいております♪

日本で言葉が中々通じなくて困っているお客様の精一杯対応させて頂きますので、

是非とも足を運んでみて下さいね😉

■まとめ

今回はiPhone8Plusのバッテリー交換をさせていただきましたので、

バッテリーの劣化にまつわるお話をさせて頂きます。

バッテリー交換のサイン

■バッテリーの減りが早い

・朝、充電が100%だったのにお昼にはもう充電マークが赤くなってしまっていませんか?

 バッテリーには充電できる最大容量があり、最大容量がバッテリーの劣化により低下している場合

 画面右上で100%だったとしても、劣化で減少している容量が100%充電されているだけなのです。

■iPhoneが熱い

・バッテリーが劣化していると、アプリなどの処理に必要なパワーを出すために

 発熱してしまいます。この状態が続くことにより、画面に高温の警告が表示され

 電源が落ちてしまい、そのまま電源がつかないかリンゴループに陥ってしまいます。

 劣化による高温状態で冷やしたり、充電をやめた所でほとんど意味はありませんので、

 バッテリーの交換もしくは機種変更をおすすめします。

 バッテリーの劣化以外にも、ストレージの容量が少ない場合に処理スペースが無いせいで

 高温になる事もありますので、比較的に新しいシリーズをお持ちの方はストレージを空けてみて下さい。

■電源が急に切れる

・iPhoneを起動し続けるために必要な出力が、バッテリーの劣化により確保できないことによって

 突然電源が切れてしまう事があります。

 この時は、無理に起動を試みずお近くんiPhone修理serviceで

 バッテリー交換をしましょう。

■電源がつかない

・朝目覚めたら電源がつかなくなっていた。充電器もさしているのに全然が反応がない。

 古いシリーズではバッテリーの劣化による症状の可能性もありますが、

 比較的に新しいシリーズの場合は、システムの何らかの不具合か基盤などの物理的な

 故障の場合もございます。

■動作がカクつく
・ストレージの容量がたりない、バッテリーが劣化している、IOSのバージョンが高すぎる

 又は低すぎるなどの状況でこの症状は起こります。

 特に古いシリーズで最新のIOSを使用している時などは特にこの症状は起こるの

 ではないのでしょうか?複雑な処理、大きな負荷を古い機器で処理するには

 劣化している状態ですとやはり動作不良を起こす可能性があります。

 

ここまで様々な症状とその原因を紹介しましたが、

やはり古いシリーズを使用、加えて劣化したバッテリーでバージョンの高いIOS

を使用している場合がこれらの症状が起きやすいと思われます。

ストレージの確保

劣化しているバッテリーを使用しない

・シリーズにあったバージョンのIOSを使用する

などを心がけるとiPhoneを快適に使用できるのではないでしょうか😉

また、バッテリーに負荷をかけないようにする方法として、

ゲームや動画を長時間利用しない

使わないアプリは停止する

・画面の明るさを少し暗くする

・iPhoneを高温、超低温の状況下に置かない

等がありますが、

充電する回数を減らす=消費電力を減らす

という事を、日常の生活で支障のない程度に心がけることによって

iPhone事態も長持ちするのではないでしょうか?

(そういいつつ、スタッフはゲーム好きが多いです😷笑)

iPhone修理serviceではバッテリー交換の他にも画面交換や各種パーツの交換。

水没修理やiPad修理も対応していますので、iPhoneの事なら

iPhone修理serviceにお任せください😌

ここまで閲覧頂きありがとうございました!このブログでは実際に対応させて頂いた修理や、

故障の知識、対処法などを毎日紹介しています!

このブログを気に入っていただきましたら、今後のご愛読の方よろしくお願いします♪

それではまた次のブログでお会いしましょう🙋🏻‍♂️

その他SNSも活動しています♪

Twitter】 →@repair_takasaki

Facebook】→@sumaho.goods.expert.takasaki



修理料金一覧はこちら 

その他の液晶修理の事例はこちら 

■iPhone修理Service キャンペーン情報

LINE友達追加

公式LINE 登録でクーポンをゲットしよー(*’▽’*) 

来店修理予約1000円OFF

来店・修理の予約で1000円OFF

iPad修理 キャンペーン

iPadももちろん即日修理可能ですでの是非お問い合わせくだだい。

(Visited 30 times, 1 visits today)
SNSでフォローする