群馬県でiPhone修理/iPad修理なら地域最安値・修理最短30分・修理保証付きのiPhone修理serviceへ

AndroidスマートフォンとiPhoneの違いとは

Android 対 iPhone

AndroidとiPhoneの基本的な違いについて

世間で主流となっているスマートフォンには、2つのタイプがあります。
1つ目はAndroidで、2つ目はiPhoneです。
両者の基本的な違いとして押さえておきたいのが、搭載されている基本ソフトウェアです。
iPhoneにはiOSというApple純正の基本ソフトが搭載されており、AndroidにはGoogleが開発したAndroid OSが搭載されています。
OSが異なるため、製品のホーム画面や基本操作に違いが見られます。
インストールできるアプリにも違いがあり、iOSだけに対応したアプリもあれば、Android限定で提供されているアプリも少なくはありません。

Androidは多種多様なメーカーがリリースしているがiPhoneはAppleのみが提供中

両者の違いとして大きいのが、リリースするメーカーです。
Androidのスマートフォンは多種多様なメーカーが開発と販売を行っています。
国内の大手家電メーカーや韓国や米国の有名IT企業が製品をリリースしており、ユーザー側としては数多くのハードウェアの中から自分の好みに合ったものを選択できます。
一方で、iPhoneはAppleだけが開発と販売を一手に行っているスマートフォンです。
iOSは文字通りAppleの専売特許であり、ほかのメーカーが開発するスマートフォンには一切搭載されていません。
Apple純正のiOSはトラブルが極めて少なく、軽微なバグやトラブルなどもきめ細かなOSアップデートによって随時修正されます。
Android OSのアップデートは、製造メーカーによって対応が分かれているのが実情です。
きめ細かな更新を続けるメーカーもあれば、販売した時点からほとんどサポートが実施されないAndroid搭載のスマートフォンもあります。

Android vs iPhone、性能がピンキリな前者とバランス型の後者

Androidのスマートフォンは各メーカーが独自性を追求して開発しています。
同じAndroid搭載の新製品でもメーカーによってデザインやサイズ、細かなマシンスペックインターフェイスは見事に異なっているのです。
ハイスペックパソコン顔負けのCPUとメモリを実装するものもあれば、コスパ良好な反面、ロースペックな新製品もあります。
一方で、iPhoneは製品としてのバランスに優れています。
ユーザビリティに優れたOSがあり、メモリや液晶パネル、CPUはその時点で最高峰のものを基本的に採用しているのです。
iPhoneの場合、世代を超えても基本的なインターフェイスが変わっていないので、一度基本操作を覚えたら、買い替えても違和感なく新型機に慣れていけます。

(Visited 24 times, 1 visits today)
SNSでフォローする