群馬県でiPhone修理/iPad修理なら地域最安値・修理最短30分・修理保証付きのiPhone修理serviceへ

iPhone3Gは今でも・・・・

iPhone3Gは今でも購入できるの?買取は?

販売は完全に終了している

iPhoneの中でも古く、release dateも2008年7月になります。
発売されると具体的に発表されたのはその前の月の2008年6月で、iPhoneの中でも結構前に発売された機種です。
そのため、今新規で欲しいと思ってもSoftbankショップなどでは販売していないため、購入は難しくなります。
色はホワイトとブラックの2色のみの販売となり、世界中で人気が出ました。

当初はSoftbankのみで販売

今のようにすべてのキャリアでiPhoneを取り扱っていたわくではなく、当時はSoftbankのみで販売をしていました。
まだガラケーを使っている方も多い時代ですので、そこまで皆が持っていたわけではありませんでしたが、かなりの人気で購入しようと行列を作っていました。
当時は結構ワイドショーやニュースなどにも取り上げられ、大変な話題になっていた時代です。

機能も少しずつ改善された

今の最新機種程は機能が付いていませんでしたが、それでもタッチパネルのディスプレイで、簡単に今のような指操作ができ、ネットの情報もすべてパソコンの小型版のように見ることができました。
カメラも200万画素で、加速センサーなども付いていて便利でした。
その後、さらに利用しやすいように改善も行われ、MobileMeの搭載、バグの修正なども行われています。
販売した翌年には、iPhoneOS3.0にアップデートも可能となり、これまでに使えなかった機能も対応するようになりました。

iPhone3Gが欲しいのであれば中古を狙おう

今はどんどんと進化しているため、iPhoneの3Gは普通のショップでは購入できません。
もし欲しい場合には、中古を狙うと良いでしょう。
特に、少しでも安くどんな型でも良いからiPhoneが欲しい場合、3Gは結構古いため安く購入ができます。
ただ、中古で探してみると2008年と10年以上も前で古いため、そこまで多くは販売されていません。

実は家にあり売りたい場合

逆に、昔手に入れたもののまだ捨てずに自宅にあるという方は、iPhoneの買取を狙っても良いでしょう。
古いためそこまで高値では売れませんが、中には中古でも良いから欲しい、部品が必要で壊れていても良いから欲しいという方もいます。
故障品になると100円程度になってしまいますが、それでもそのまま捨ててしまうよりも少しはお金にできます。
状態が良いともう少し高く買い取ってもらえる可能性もあるため査定してみましょう。

(Visited 35 times, 1 visits today)
SNSでフォローする