群馬県でiPhone修理/iPad修理なら地域最安値・修理最短30分・修理保証付きのiPhone修理serviceへ

iCloudへバックアップしておこう!

icloud

万一に備えてiPhoneで撮影した写真や動画などのデータをiCloudへバックアップしておこう!

iCloudを活用したデータバックアップ

iPhoneで写真や動画などをたくさん撮影すると、容量を圧迫してしまい、データが保存できなくなってしまうことがあります。
そんなときには、iCloudを活用してバックアップを取っておくと良いでしょう。
バックアップを取っておけば、iPhoneが故障した際や紛失した際にも、大事なデータまで失くす心配がありません。
今回は、iCloudを使ったバックアップの方法について、ご紹介いたします。

iCloud(アイクラウド)とはどんなサービス?

iCloudは、Apple社が提供しているクラウドストレージサービスです。
iPhoneで撮影した写真や動画、購入したアプリ、音楽、書類ファイルなどさまざまなデータを保管可能です。
iCloudでキーチェーンを設定しておけば、メールアドレス、パスワード、クレジットカード情報なども保管でき、ネットショップなどがより便利に利用できるようになります。
iCloudが利用できるデバイスは、iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watchなどです。
WindowsやMacintoshなどのパソコンからも利用可能です。

iCloudストレージとiPhoneストレージの容量について

iPhoneストレージの容量は、お持ちの機種によって異なります。
「設定」画面から「一般」を選び、「iPhoneストレージ」をタップすることで、現在のストレージ利用状況が確認できます。
iCloudについても、利用できるストレージ容量が決められています。
iPhoneユーザーであれば、5GB以内であれば無料です。
iCloud上にたくさんデータを保管しておきたいという方は、有料プランを契約しておくと良いでしょう。
iCloudの有料プランの月額料金については、以下の通りです。
・50GBまで130円
・200GBまで400円
・2TBまで1300円

iCloudを使ってiPhoneデータのバックアップを取る方法

iCloudを使って、お手持ちのiPhone内にあるデータのバックアップを取る方法は非常に簡単です。
①最初に、iPhoneの設定画面を開いてください。
②次に、「ユーザー名」をタップして、「iCloud」を選びます。
③「iCloud バックアップ」をタップすると、バックアップが開始されます。
なお、iCloudでiPhoneのバックアップを取る際には、Wi-Fiなどインターネットに接続できる環境が必要です。

(Visited 8 times, 1 visits today)
SNSでフォローする