群馬県でiPhone修理/iPad修理なら地域最安値・修理最短30分・修理保証付きのiPhone修理serviceへ

iPhoneSE バッテリー膨張 太田

iPhone SE修理

iPhoneSE バッテリー膨張 太田

■iPhoneSEバッテリー交換 事例

修理店舗 iPhone修理 Service太田店

来店されたお客様より、画面が浮いてきたとの事でご来店を頂きました。

確認をしたところ、バッテリーの膨張が原因でパネルが浮いてきたと思われます。

お客様にバッテリーの交換で改善する旨を伝えたところ「お願いします」との事で

バッテリー交換に入ります(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

【iPhone SE バッテリー 分解】

iPhone SE修理

写真では分かりづらいですが、バッテリーが膨らんでました!!

交換をしていきます!!

iPhone SE修理

バッテリーの取り外し完了!!

続いて、新しいバッテリーを組んできます!!

iPhone SE修理

取り付け完了!!

後は元の戻して動作チェック!!

iPhone SE修理

綺麗に元の位置まで戻りました!!

動作も問題なし!!

お客様も大変喜んで頂きました(^▽^;)

■使用部材・修理時間


今回の使用部材は・・・iPhone SE バッテリー

所要時間・・・・30分程度で完了

■お客様の声

以前も交換したけど2年前くらいとの事でそろそろ交換かなと思っていた時にバッテリーが

膨らんできたとの事でした。

早く気づいて良かったです!!

また、何かあったら来ますね。との事でお帰りになりました。

■まとめ

【バッテリー膨張とは・・・】

iPhoneには、リチウムイオンバッテリーを使用しています。リチウムイオンバッテリーは、正極材と負極材、ゲル状ポ

リマーなどが使用されています。その為、経年劣化により電池内部で化学反応が起こりガスを発生させます。

その為、バッテリー膨張が起こるのです。

また、長時間の使用にわたって過充電や過放電が繰り返されることによりバッテリーの劣化が進みます。

劣化により充放電量が少なくなったバッテリーは使用時間が短くなるなど性能が低下します。

また、劣化などにより状態が不安定になったバッテリーは内部の電解液が気化し、

バッテリーの膨張を引き起こす原因にも繋がる場合があります。

iPhoneの画面が浮き上がってきたら?バッテリーが膨らむ現象とは 

バッテリー異常のサイン

iPhoneの画面が下から押し出されるように画面浮きが起きていることがないでしょうか。

もしかしたらそれはバッテリーに異常が起きているサインかもしれません。

このほかにもバッテリー異常が発生すると、画面が黄色っぽくなったり、ところどころ色ムラがあったり、

さらには触っていないのに反応したり、気が付いたらパスコードロックがかかっていたりするなどの

症状が起こることがあります。

いったいバッテリーに何が起きているのでしょうか。

バッテリー膨張とは

iPhoneの画面が下から押し出されるように浮いてきたら、バッテリーが膨張している可能性があります。

画面が曲がってしまうので色ムラが発生したり、誤作動が起こったりもします。

バッテリーが膨張することなどあるのでしょうか。

実は、バッテリーを使い続けていくと徐々に劣化し、膨張してしまうことがあるのです。

これが決して珍しい現象ではなく、誰のiPhoneでも起こり得るものです。

■iPhoneのバッテリーの特徴

iPhoneに使用されているバッテリーは、リチウムイオンバッテリーと呼ばれるものが使われていますが、

充電をすることで繰り返し使用できます。

また、充電は、最初の80%までは急速充電を行い利便性を高め、残り20%はゆっくり充電することで

耐久性を高める仕組みになっています。

この複合的な充電システムが、iPhoneの使い勝手を高めるとともに長持ちさせられるようになっている理由です。

しかし、長く充電を繰り返していくうちに徐々に劣化し、最後には充電できなくなって寿命となります。

バッテリーが劣化していく過程においてガスが発生します。

このガスは外部に出ることはなくバッテリー内部に留まるため、膨張することがあるのです。

このガスの発生は、リチウムイオンポリマーバッテリーの特性でもあるので防げません。

iPhoneのバッテリーを劣化させる原因とは

iPhoneのバッテリーは使い続けていくうちに自然に劣化していくものですが、間違った使い方によって、

寿命を早めてしまうことがあります。

たとえば、充電器につないだまま放置したり、充電器につないだ状態で使用したりするなどです。

充電器につないでおくとバッテリーが長持ちするように錯覚してしまいがちですが、

実は逆で、熱を持ってしまうために寿命を早めてしまうのです。

純正品以外のケーブルを使用して充電するのも要注意しなくてはいけません。

バッテリー膨張は交換サイン

バッテリー膨張は寿命サインであり、交換しなければなりません。

バッテリー膨張により画面やその他の部分まで故障してしまうと、修理費が高額になってしまうので、

早めのバッテリー交換をおすすめします。

そして・・・

さらに膨張を放置していると”(-“”-)”

画面にまで影響を及ぼしてしまいまい剥離してしまう事もあります…

iPhoneが画面剥離したらどうすればよい? 

iPhoneの画面剥離とは

iPhoneを使っている際に、動きにはまったく問題がないものの、

なんだかフロントガラスが浮いていておかしいという異常に気づかれる方がいらっしゃいます。

実は、この状態こそが画面剥離といわれるものです。

保護しているガラスとその下にある液晶が剥がれてしまってガラスが浮いてしまうのです。

放置しておくとパクパクする感じで浮いてしまったり、隙間ができたりしてしまいます。

また、隙間から光が見えている状態も剥離していることが原因です。

この状態で使い続けるのは非常に危ないので放置は避けましょう。

画面剥離する原因

画面が剥離してしまうのにはいくつかの原因があります。

まずバッテリーが経年劣化によって膨張してしまい、

本体ごと膨張したことで画面が浮き上がったというものです。

バッテリーの劣化が原因の場合は、バッテリーを交換する必要があるでしょう。

放置するとどうなる?

画面剥離は、放置すると液晶が壊れて映らなくなってしまいます。

画面剥離した状態は液晶を映す映像信号を受け取る際に使われるケーブルが常時引っ張られた状況になり、

ちょっとした衝撃でもケーブルが壊れて信号が送られず、液晶に表示できなくなってしまうためです。

また、このほかにもタッチ操作もできなくなる可能性もあります。

バックアップを取る前に壊れてしまったら、データの復旧も難しいでしょう。

また、もっとも怖いのが剥離した隙間から水分が入ってしまうことでバッテリーや基盤が

ショートを起こしたり、ホコリが入ると本体が熱を持ってバッテリーが発火したりするリスクもあります。

画面剥離したら速やかに画面交換を依頼しましょう

iPhoneの画面剥離が起きたら、すぐに画面を交換してもらいましょう。

自身で部品を取り寄せて交換というのは危険ですので、必ずプロに依頼しましょう。

また当店では!

学校支給や会社でご使用しているipadも修理可能です。

当店でも例年に比べiPadのお問い合わせが多くなって、学校で支給されたり、

会社でリモートや在宅ワークなど使用する機会が多くなり、故障などした際に

どこに聞いたらいいのか??

そんなお客様のお悩みも増えています。

ご使用しているipadもお客様に満足いただけるよう

常備多く在庫しております。もちろん即日OK!!!(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

iPhone修理serviceまたはスマホステーションにお問い合わせください。

iPhone修理Service キャンペーン情報

iPad修理 キャンペーン

iPadももちろん即日修理可能ですでの是非お問い合わせくだだい。

(Visited 27 times, 1 visits today)
SNSでフォローする