群馬県でiPhone修理/iPad修理なら地域最安値・修理最短30分・修理保証付きのiPhone修理serviceへ

iPhoneXS 液晶が・・・!? 玉村町

iPhoneXS 液晶漏れ修理

iPhone修理  画面交換 高崎

■iPhoneフロントパネル交換 事例

〖iPhoneXS画面にモヤモヤができた@iPhone修理service高崎店〗

「見えづらいかもしれませんが、画面の下側がもやもやしちゃってて・・・タッチは出来るんですけど、日に日に広がってきているんですよね・・・」と相談に来店されたiPhoneXSユーザーの男性。

iPhoneXS 液晶漏れ全体図

確かに一部分液晶漏れしています。ちょっと前よりも液晶漏れの範囲が広がってきているとの事。これがさらに広がってしまうと画面が見えなくなったり、タッチが出来なくなってしまう可能性も。

液晶漏れ 拡大

液晶漏れは液晶に衝撃や圧力が加り、液晶の中にある水分が画面の中で漏れ出す事で引き起こされます。

液晶漏れを放置すると画面全体に液晶の水分が広がりインクがこぼれたような黒いシミで覆われたり、タッチセンサーが誤作動を起こし画面に触れていないにも関わらず勝手にタッチが反応してしまう事も。ロック画面でタッチ誤作動が起こるとパスコードロックがかかり、こうなってしまうとApple製品のセキュリティはとても強固なもので初期化以外でiPhoneを復旧させる方法はありません。

まだ症状が軽い段階で早速修理を開始します。iPhoneのフロントパネルは液晶とガラスが一体となっているので、今回のようにガラスは無事で液晶だけがダメな場合でもフロントパネルごと交換を行います。

本体を温め防水防塵テープの接着を緩めながらパネルを開けていきます。

iPhoneXS内部

本体とフロントパネルを分離させるために、パネルと基盤を繋いでいるケーブルのコネクタを外していきます(上の写真赤丸部分)

近接センサーと書いてあるケーブルは新しいパネルへ移植する必要があり、これを移植しないとFaceIDが使えなくなってしまいます。なぜかというと・・・・・

  • このケーブルには投光イルミネーターという赤外線により暗い場所でも顔を識別してくれるセンサーが備わっています。iPhoneの顔認証は赤外線カメラ、投光イルミネーター、ドットプロジェクタによって機能しこれらは本体の基盤と紐づけられています。顔認証に関わるパーツを交換してしまうとセキュリティ上の理由により顔認証システムが使えなくなります。よくある例としては、イヤースピーカーもこのケーブルに繋がっている為電話の時に相手の声が聞こえない・・等の症状でパーツを交換してしまうという事があります。スピーカーのメッシュ部分のクリーニングで改善する場合もありますが、それでもだめで修理をするとなるとイヤースピーカーの機能か、顔認証かどちらかを諦める事になてしまいます><

ケーブルやセンサー部分を傷つけないよう慎重にパネルから取り外し新しいパネルに移植をしたら仮付けをして動作確認に入ります。タッチセンサー、液晶、カメラ、通話関係、FaceIDなど正常に動作するか全てチェックをします。液晶漏れやガラス割れは落としてしまった事によると思いますが、FaceIDも衝撃にとっっっっっっても弱いです。画面の破損がひどい場合や水没してしまった場合はチェック段階でFaceIDの動作が確認できない事も・・・(´;ω;`)
今回は無事に全て正常に動作しているのが確認できましたので、このままお客様へお渡しです。

一か月の安心保証も出させていただいたので、今後万が一なにか不具合がでたりした場合にはすぐにご相談くださいとご説明させていただきました(^^♪※パーツの初期不良だった場合、遅くても一週間以内には症状が出ると言われています。当社では修理後に安心してお使いいただけるように少し長めの保証期間を設けています

iPhoneXS画面交換後

■使用部材・修理時間


使用部材:iPhoneXSフロントパネル、iPhoneXS用防水防塵テープ

修理時間:20分

■お客様の声

「タッチできるし一部だけだからいいかなって思ったんですけど・・・徐々に広がっていくのが気になって><使えなくなってしまう前に修理しようって思ったんですよね。おかげで助かりました、ありがとうございました!」とお帰りになりました。基盤が熱を帯びるのが気になっていて、今回も修理をするか機種変更をするかで悩まれた結果来店して下さいました。以前も当店で修理をされた・・との事でリピート来店です。ありがとうございます^^

■まとめ

長年愛用してきたiPhoneの場合、各部に経年劣化の影響が出やすいです。iPhoneは薄型かつ軽量なハードウェアでもあり、うっかり手元から落下させてしまったり、本体の上に誤って腰かけてしまったり、足や物で踏みつけてしまうなどのトラブルもしばしばです。タッチパネルにダメージが加わると、ディスプレイがひび割れることやきちんと反応しない状況に陥ります。iPhoneは特にディスプレイの品質が良く、色表現や解像度のクオリティーに定評があります。その反面、ディスプレイ部分はデリケートな箇所でもあり、取り扱いには細心の注意が必要です。

iPhoneは精密機器なのでいつどこでなにがあってこうなるというのが分かりません。もちろん落としたり水没してしまったり、明らかなダメージがある場合は別ですが・・・
ハッキリとは原因や対応策が分からない場合でも、考えられる対応を一つ一つ試しながらお客様と一緒に今後についてお話させていただいております。相談だけでもOK。どうしよう・・・と不安に思っていることがあれば一度ご相談くださいね(^^)

また、FaceIDに関しては中盤で記載している様に、繊細で壊れてしまうと大変なことになる部分です。

万が一調子が悪いな・・・

なんかおかしいな・・・と思ったら参考にしてみて下さい(^_-)-☆

iPhoneのFace IDの使い方と不具合が起きたときの対処法

iPhoneのロック解除をスムーズに

iPhoneはプライバシーの保護やセキュリティ対策のために、操作していない間は画面ロックがかかり、

ロックを解除しないと使えなくなります。

通常はパスコードを入力して解除しますが、新しいモデルではあらかじめ登録しておいた

ユーザーの顔写真から、ユーザー本人かを判断して認証ができるFace IDが利用できます。

顔を覗き込むだけでロック解除ができると便利です。

iPhoneで便利なFace IDを設定しよう

Face IDを設定するには、ご自身の顔の識別がしやすい状態にしましょう。

何かに覆われている状態では機能しないので、マスクは外しましょう。

メガネやコンタクトレンズの着用は問題ありません。

TrueDepthカメラを起動し、iPhoneを顔から腕の長さ程度、25~50cm離した位置で撮影するのがベストです。

Face IDが機能しない場合

Face IDの設定をしたのにロック解除ができない、Apple Payなどの認証ができない、

アプリにサインインできない場合やパスコードの入力画面が表示されてしまう場合、

どうしたら良いのでしょうか。

設定直後に反応しない場合や、急に反応しなくなった場合は、以下の方法を試してください。

iPhoneが最新バージョンのiOSにアップデートされているか確認し、最新バージョンへの更新を行います。

次に「設定」>「Face ID とパスコード」で、Face IDの設定がオンになっているか確認してオンの状態にします。

顔認証をする際に、TrueDepthカメラが何かで覆われていないか確認してください。

カメラが保護ケースや画面保護フィルムなどで覆われている場合や汚れていると撮影ができません。

また、ご自身の顔が何かで覆われていないか確かめましょう。

口や鼻がマスクなどで覆われていると反応できません。

マスクを外せない状態のときは、上にスワイプしてパスコード入力に切り替えることも可能です。

それに備え、あらかじめパスコード設定もしておきましょう。

物理的な損傷が疑われる場合

iPhoneやFace IDの設定に問題がある場合、カメラの状態やマスクで覆われているなど

顔の撮影の仕方に問題がある場合は、設定を整えたり、操作方法を改善したり、

マスクを外すことなどで解決できます。

一方、うっかり落とした場合や水没させるなどしてFace IDが故障し、

フェイス認識をしなくなっている場合には修理が必要です。

修理料金一覧はこちら 

その他の修理の事例はこちら 

■iPhone修理Service キャンペーン情報

公式LINE 登録でクーポンをゲットしよー(*’▽’*) 

来店・修理の予約で1000円OFF

iPad修理 キャンペーン

iPadももちろん即日修理可能ですでの是非お問い合わせくだだい。

(Visited 23 times, 1 visits today)
SNSでフォローする