群馬県でiPhone修理/iPad修理なら地域最安値・修理最短30分・修理保証付きのiPhone修理serviceへ

パスコードを忘れた・リンゴマークが点いたり消えたりして起動しない。県内6店舗展開中だから近くの店舗に行ける!

iPhoneは使用できません 画面

修理店舗:iPhone修理service高崎店

高崎店外観
住所群馬県高崎市田町53-6
TEL027-395-4427
営業時間年中無休10:00~22:00最終受付21:00
駐車場店舗正面 田町パークをご利用ください。
修理端末iPhone・iPad・iPod・Android

iPhone修理 パスコード忘れた 高崎

■iPhoneは使用できません 事例

今回、「パスコードを忘れてしまって・・・また使えるようになりますか?」とご相談をいただきました。
何回かは試す事が出来るので(9回まで。それ以上間違えると初期化になってしまいます)心当たりのある数字を入力してみてヒットすれば・・・・とお話をさせていただき、実際にiPhoneを見させてもらいました。

iPhoneは使用できません画面


がーーーーーーーん。

もう既に試されていた後で、パスコードロックがかかってしまっている状態でした(´;ω;`)

【iPhoneは使用できません。iTunesに接続してください】と表示されている場合は初期化をしないと使えるようにはなりません・・・

お客様にもその旨をご説明させていただき、データのバックアップは取っていないけど自分の責任だから・・・初期化お願いします。とご了承をいただきました。

パスコードロック 

画面ロックを解除するパスワードを何度か間違ってしまうと一定時間ロックがかかりその間は操作ができなくなってしまいます。

パスコードの入力を6回間違えると、disabledモード(disabled:使用禁止という意味)となり1分間操作不能になります。1分経ったのち入力を間違えると一回毎に5分間、15分間、1時間とロックの時間が長くなっていきます。その次に間違えると(10回目)もう後はなく、残された道は初期化のみとなります。

Apple製品のセキュリティはとても強固なものでこうなってしまうと初期化以外でiPhoneを復旧させる方法はありません。画面割れや液晶破損が原因でタッチ暴走(画面に触れていないにも関わらず、勝手に画面が反応してしまう事。)が起き勝手にパスコードが入力されている状態になった事が原因のパスコードロックや、小さなお子さんが何もわからず画面に触れた事によるパスコードロック等が事例として多くあります。iPhoneを落としてしまったり盗難された時の事を想定し、皆さんの安全を守るためにこのような仕様となっています。

データに関してはご自身での管理となっておりバックアップを取っていないのはあくまで自己責任となります。データに関してはApple社に責任はなく保証もしてくれません。自分は大丈夫と思わず、いざという時の為に皆さんバックアップを日頃から取っておくことをおススメします。(データが消えてしまう原因としては、パスコードロックがかかってしまった他に、水没など深刻なダメージを受け起動しなくなってしまった場合・データ容量がいっぱいのまま使用し続けシステムが壊れ何をしてもエラーがでてしまった場合なども含まれます。)

PCをお持ちの方はiTunes経由でPCにバックアップを取ったり、PCを持っていない方でもiCloudにデータをバックアップすることが可能です。

iCloudへのバックアップ方法※要Wi-Fi環境 

  1. ホーム画面にある「設定」を押す
  2. 「設定」にある「自分の名前」を押す
  3. 「Apple ID」にある「iCloud」を押
  4. 「iCloud」にある「iCloud バックアップ」を押す
  5. 「iCloud バックアップ」をオンに切り替え
  6. 表示される「iCloud バックアップ開始」の「OK」を押す
  7. 「iCloud バックアップ」がオンに切り替わったら「今すぐバックアップを作成」をタップ
  8. バックアップの時間が表示されるとバックアップは無事完了

iCloudも無料で使えるのは5GBまでと制限があり、それ以上使うには追加料金を支払う必要があります。iPhoneのカメラ性能は日に日に向上しており、それに伴い写真のサイズも大きくなっています。無料で使える分では写真のバックアップですぐにいっぱいになってしまう程・・・

なので、写真に関してはGoogle社から提供されているGoogleフォト(15GBまで無料、フォトドライブからコンビニのネットプリントで写真を印刷できる)やAmazon提供のAmazonフォト(プライム会員であれば容量無制限)などを利用する事をオススメします。

その分iCloudの方は電話帳などのデータに使う事が出来、容量がいっぱいでバックアップ取れてなかった!なんて事態も防げます。

■似た事例のリンゴループはまだ望みがあります

リンゴループ 

iPhoneを起動した際にリンゴマーク(Appleロゴ)が画面に出たまま、ホーム画面への移動や画面等の操作ができなくなることです。iPhoneの画面にAppleロゴのリンゴマークが表示されたままフリーズし、ときには勝手に再起動を繰り返します。バッテリーが切れるまで延々とその症状がループする為、リンゴループと呼ばれています。システムの不具合なのでさまざまな要因で発生する為原因の特定が難しく、バックアップをとっていない場合は大事なデータが消えてしまう可能性も・・。作業中にエラーが頻出してしまった場合などはデータを残したまま元通りにするのが難しい場合もあります(´;ω;`)

なぜリンゴループになるの? 

  1. 起動ファイルや本体基盤の故障
  2. ソフトウェア(iOSを含)の問題
  3. アップデートやバックアップの失敗
  4. 水没
  5. iPhoneを落としたことによる衝撃、外傷
  6. バッテリーの劣化
  7. iPhoneストレージの容量不足

この中で一番多いのが『アップデートやバックアップの失敗』によるリンゴループです。iTunesを経由しない方法(Wi-Fi接続)でのアップデート中にWi-Fiが途切れてしまった又は充電がされずにバッテリーが切れてしまったなどの理由でアップデートが途中で途切れ、最後まで完了できない事で発生してしまいます。また、本体の容量不足でも同様にアップデートの途中でフリーズしてしまいリンゴループになってしまう事もあります。本体OSの更新データはサイズが大きめなので写真や動画がたっぷり保存されたiPhoneの場合、容量が足りなくなってしまう事があります。

iPhoneの本体基盤は人間で言うところの頭脳に値する場所なので、落とした時の衝撃や水没などが原因で異常が生じるとリンゴループを引き起こしてしまう原因になります。

リンゴループになってしまった場合は前述のパスコードロックとは異なり、初期化をしなくても改善する場合があります!諦めずに一度ご相談ください

■お客様の声

「友達数人の誕生日と自分の誕生日を掛け合わせた数字にしちゃって・・・だれの誕生日にしたのかも順番もわすれちゃったんです><」との事でした。初期化にはなってしまいましたが、iCloudにバックアップ取ったかもしれないとの事でそちらに望みをかけてみるとおっしゃっておりました。

バックアップの必要性などもご理解いただけたようで、「今度からはもっと気にしてみます。色々教えてくれてありがとうございました」とお帰りになりました。

■まとめ

パスコードは他人から安易に推測されづらい物を設定するのがオススメですが、あまり複雑だと自分でも忘れてしまいがちですよね(^^;

忘れないようにするのが大前提だとは思いますが、人間ですので忘れてしまう事もあります。(私は何かしようと思ったのに立ち上がった瞬間に何をしたかったのか忘れてしまう事が結構あります。ひどいですよね💦)

そんな時の為にも、何度もお伝えしますがバックアップは日頃から保険としてとっておきましょう!!

Appleの正規サービスでは、修理の際には初期化して行うのが基本です。要するに出荷時の何のデータも入っていない状態と同じにされてしまいます。もし、修理が不可能な場合でも、データの取り出しだけはしてくれません。

非正規業者の中にはデータ復旧をしてくれるところが少なくありません。料金は難易度などによるので要見積もりですが、データが救われる道が残されています。非正規業者への相談も視野にいれてみてください^^

修理料金一覧はこちら 

その他の修理の事例はこちら 

■iPhone修理Service キャンペーン情報

公式LINE 登録でクーポンをゲットしよー(*’▽’*) 

来店・修理の予約で1000円OFF

iPad修理 キャンペーン

iPadももちろん即日修理可能ですでの是非お問い合わせくだだい。

(Visited 62 times, 1 visits today)
SNSでフォローする