群馬県でiPhone修理/iPad修理なら地域最安値・修理最短30分・修理保証付きのiPhone修理serviceへ

高崎市でiPhoneを水没させてしまったら・・・iPhone修理service高崎店へ

iPhoneX 水没

iPhone修理 水没修理 高崎

■iPhone水没修理 事例

修理店舗:iPhone修理service高崎店

水没して画面が映らない@iPhone修理service高崎店

「すみません、iPhoneが水没しちゃって画面が映らなくなっちゃったんですけど・・・これって修理できますか?」と高崎店に一本のお電話がありました。お話を聞く限り、マナースイッチのONOFFで反応はあるので本体は起動している様子・・・水没によるダメージは見た目では分からず水没クリーニング後の動作確認で不具合が発覚するパーツがあるかもしれない事、新しいパーツを付けてみても本体基盤自体がダメージを受けている場合は改善しない場合がある事、今回は最低限でもフロントパネルの交換が必要かもしれない事などご説明した上で「修理をお願いしたいです。これからお店に伺います」とご依頼いただきました。

今は良くてものちのち症状が悪化する恐れのある、とてもリスクが高いのが水没。水没後、すぐに処置を行えば改善する可能性が高くなります。(精密機械なので水が少しでも入っただけでも危険です⚠あくまで、完全に起動しなくなってしまうという最悪の事態を免れる可能性が高くなるというだけです。)


お客様が来店されたので更に詳しい話を聞くと・・・・

  • 水場でお仕事をされている
  • 前から水没は何回かしていたかもしれない
  • 念のため、防水ケースに入れて使っていた

との事・・・。iPhoneには防塵防水機能が備わっておりかつ、防水ケースにいれていたのに何故水没してしまったのか・・・?皆さん疑問ですよね。

実はiPhoneの防水機能は完全防水ではなく、“ある一定の条件下でこれくらいの時間だったら耐えられる“という実験をクリアした目安となっています。詳しくはこちらの記事へ

もちろん使っていくうちに防水テープやケースのパッキンが劣化し、隙間が出来たり接着力が弱まってしまった事で防水自体が機能しなくなり今回のように万全の対策を行っていたにも関わらず内部に水が混入してしまったと考えられます。

実際に中を開いて見ると内部に無数の水滴が確認でき、通常は真っ白なはずの水没判定シール(青丸で囲った部分)が水に濡れて反応を起こし真っ赤に染まっています。バッテリーもやや膨張しています。

iPhoneX 内部 水滴

特に本体右上、カメラや本体基盤が配置されている部分の水濡れが目立ちます。

iPhone 内部 特に水滴がひどい所

作業中に症状が悪化していく可能性があるので一刻も早く水分を取り除き一つ一つのパーツを乾燥させます。その為にまず、パーツを全て取り外しiPhone本体を空にします。ここでもバッテリーが基盤に繋がったまま他の作業を進めると、通電している状態で他の部分に水が付着しショートを起こす危険があります。

本体右下のスピーカーパーツを取り外すとその下にも水がたっぷり😵ここは音を外に出すためにメッシュとなっているので水が混入しやすい箇所ではあります(;^_^

スピーカー下 水がたっぷり

カメラ類、バッテリー、スピーカー、バイブレーション、本体基盤などすべてのパーツが取り外せたら今度はパーツ一つ一つをエアーの力で水分を飛ばし念入りに乾燥させていきます。また、本体フレームに残っている水分もふき取りここでもエアーを使って隙間に潜んでいる水分を飛ばします。

iPhone パーツ取り外し後
パーツも丁寧に乾燥
ワンポイント

水没クリーニングって乾かすだけなの?

お客様が水没した時の状況や改善具合によって対応は変わってきます!例えば、海に落としてしまった場合。海水には塩分が含まれていますよね?乾かしたところで、その成分が内部に残ったままだとのちに腐食を起こしたりコネクタ部分が錆びてしまう原因となります。このように、真水ではないところへ落とした水没では基本的に超音波洗浄器(よく眼鏡屋さんの店頭に置いてある超音波の力で洗浄する機械)を用いてパーツの汚れを落とします。(その後しっっっっかり乾燥させるのは同じです)

以前あった事例だと、済んだ後のトイレに落としてしまった・・・・お菓子作り中にドロドロの生地の中に落としてしまった・・・何て事も。どちらも内部汚染が目立ちましたが、クリーニングと一部パーツの交換で改善しお渡しできています(^^♪ (もちろん全てがその限りではありません・・基盤へのダメージによっては改善できない事もあるので、水没してしまったらなるべく早くクリーニングしてもらう事をオススメします。)

今回の事例だと、フロントパネルへのダメージが大きくクリーニングでも改善しなかった為新しいパネルへと交換をしています。他の機能は幸いにも異常は見当たらず動作も確認できたので、今回はこれでお客様へお渡しとなりました。

iPhoneX 水没修理後

■使用部材・修理時間


使用部材:iPhoneXフロントパネル、iPhoneX防水テープ+水没クリーニング

修理時間:1時間30分

■お客様の声

直らなかったらどうしよう・・・とずっと不安だった様子でしたが、画面がつき他の動作も確認できたという事で安心されていました。やや膨張気味のバッテリーに関しては、相談させていただきましたがまた次回お願いしにくるとの事でしばし様子見となりました。(今後起こりえる事やリスクはご説明させていただいた上で、お客様と相談をしています。心配な点もありますが、今回はお客様の意思を尊重しています。もちろん異常を感じたらすぐ交換を!)

最後は「本当にありがとうございました。」と何度も頭を下げながらお帰りになりました。

■まとめ

今回のように、改善した状態でお渡しをした端末でも後々症状が悪化し、今は大丈夫だった機能が使えなくなってしまうという事もあり得るのが水没です。iPhoneは精密機械なのでどうしても水分によるダメージは防ぎきれるものではなく、一度ダメージを受けたものはそこから良くなっていく・・・というのは難しいです。

今の季節、海や川へ出掛ける方も多いかとは思いますが十分に気を付けながら使用してもらえたらと思います!

もしも万が一水の中に落としてしまったら・・・・・お早めに(出来ればその日のうちに)ご相談いただければと思います。


iPhoneを濡れたままで放置するのはNG!すぐに水気を拭き取っておこう

iPhoneの防水機能はいつから搭載されている?

iPhoneに防水機能が搭載されたのは、iPhone 7 以降です。

これよりも古いモデルのiPhoneは防水性能がありませんので、

水没には十分に気を付けて使うようにしましょう。

最新のiPhone 12シリーズには、IEC規格に基づいた60529 IP68等級の防水性が搭載されています。

ただし、100%浸水を防いでくれるわけではありませんので、防水性に対する過信は禁物です。

iPhoneを濡れたままで放置しないこと

iPhoneに飲み物をこぼしてしまった際やお風呂などへ水没させてしまった際には、

すぐに水気を拭き取るようにしましょう。

濡れたままの状態でiPhoneを放置してしまうと、内部まで水が入り込む場合や錆びついてしまうおそれがあります。

水分を拭き取る際には、画面を傷つけないように柔らかい素材のタオル、

もしくは、クロスなどを使用してください。

iPhoneを振ったり分解したりしないこと

内部の水気を拭き取ろうとして、iPhoneを強く振り回すのもやめたほうが無難です。

あまり強く振ると、ますます水が奥へ入り込んでしまうことがあるからです。

また、内部を確認するために、自分でiPhoneを分解するのもやめておきましょう。

自分で分解してしまうと、Apple社の保証の対象外となってしまいます。

濡れたままのiPhoneを充電するのは危険!

iPhoneが濡れたままでの充電も絶対にNGです。

水分が付いている状態で充電すると、ショートすることや故障の原因となってしまうからです。

まずは、水分をよく拭き取ってから、iPhoneの電源を落とし、本体をよく乾かしてみてください。

iPhoneを水没させてしまったときに、慌てて動作確認をしようとする人もいるかもしれませんが、

濡れたままでの作業は非常に危険です。

特に、濡れたままで充電を行うと、感電事故が起こることもありますので、気を付けてください。

海外では、入浴中にスマートフォンを充電しながら使用したことで、感電死した事例もあります。

iPhoneが十分に乾くまでは、電源を入れることや充電するのはやめておきましょう。

iPhoneから音が出なくなったときや充電できないときには?

表面に問題がなくても、iPhoneから音が出なくなった場合や充電ができない場合には、

内部が故障している可能性が高いです。

すぐに使用を中止して、修理店へ出すようにしてください。


修理料金一覧はこちら 

その他の修理の事例はこちら 

■iPhone修理Service キャンペーン情報

公式LINE 登録でクーポンをゲットしよー(*’▽’*) 

来店・修理の予約で1000円OFF

iPad修理 キャンペーン

iPadももちろん即日修理可能ですでの是非お問い合わせくだだい。

(Visited 30 times, 1 visits today)
SNSでフォローする